【2024年7月最新】高校生ビジネスコンテスト一覧 | ビジコン40選

高校生が参加できる2024年開催のビジネスコンテスト/ビジコンを一覧形式でまとめました!
「ビジネスコンテストに参加したいけど、どんなコンテストがあるのか分からない・・・」という高校生は、ぜひご覧ください!

ちなみに・・・
条件を絞り込んで、参加できるビジネスコンテスト/ビジコンを見つけたい方は「ビジコンDB」をご利用ください

【対象者別 参加できるコンテストまとめ】

中学生が参加できるビジネスコンテスト/ビジコン一覧(2024年)

大学生が参加できるビジネスコンテスト/ビジコン一覧(2024年)

スタートアップや社会人が参加できるビジネスコンテスト/ビジコン一覧(2024年)

目次

松江市では、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」を松江市の重要な資源と位置づけ、産学官による産業振興施策「Ruby City MATSUE プロジェクト」を推進しています。同プロジェクトの一環として、オープンソースによる地域振興の中心を担う「しまねOSS協議会」と松江市は、今年度第16回目となる「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」を開催します。

本コンテストは、IT業界にとどまらず幅広い分野の人達にオープンソースの情報を広く提供し、オープンソースを活用するプランをアイディアから形にすることで、オープンソースを活用した新しいビジネスプランを事業化・起業化へ繋げることを目的とします。

NIIGATA ベンチャーアワードは、新潟県内において起業家精神をもって新事業展開を行う企業や経営者を選定し、その成果を表彰・公表することで新事業創出の一契機とし、新潟県の地域産業の活性化の一助となることを目的としています。優秀者は全国大会へ新潟代表として推薦します。

IT分野における世界市場を目指した製品・サービスの展開支援を目的としたコンテストです。
今後の事業展開が有望な製品・サービスを表彰するとともに福岡県ビジネスプロデューサーや審査員がビジネス化に向け、伴走支援します。

「いのち輝く地域社会に」 ~人々が明るく健康に住み続けられる地域社会を目指して~

人々が明るく健康に暮らせる地域社会を、持続可能なかたちで未来に繋げていくために、今あなたが必要だと思うビジネスを提案してください。

多賀城みらい塾事業の一環として、多賀城市の新たな魅力を創出し、地域活性化に繋がるビジネスプラン・アイデアを募集!

ビジネスプラン部門では実際の創業を踏まえたレベルでの事業案を募集していますが、ビジネスアイデア部門では多賀城市の地域活性化に貢献する夢のあるアイデアを募集しており、高校生でも応募することができます。

ビジネスアイデア部門の最高賞金は10万円!
ぜひ積極的にチャレンジしてください。

子どもたちに八幡浜の地域資源を活用した社会を良くするビジネスのアイデアをプランしていき、案をブラッシュアップし、人にプレゼンテーションすることを通じて、次代を担う「子どもたちの育成」を目的として開催されています!

特に優秀な案は創業支援を行ったり、実際の企業・団体等とのマッチングを図り、事業化を推進していくことになります。

日本を代表する経営者たちが次世代の起業家を発掘する事を目的にスタートした日本最大級のアントレプレナー創出プラットフォームです。

世界の変化に対応できるスピードとユニークな発想、それを具現化できる突破力をもったビジネスプランを全面的にサポートします。最初は小さな一人の思いも、いずれは世界を変える大きなイノベーションとして飛翔します。今年で9年目を迎えるビジネスプランコンテスト、様々な特典が用意されています。是非チャレンジしてみてください。

同大学の有する経済・経営・看護等に係る研究・教育リソースを活用し、高校教育の充実に役立てることで、高大連携の推進を図ることを目的に開催されています。

最優秀者には図書カード5万円などが付与されます。

ビジネスの「アイデア/プラン/モデル/商品・サービス/素材/研究成果」を各地で募集中しています!
高校生を対象とした部門もあり、誰でも気軽に参加することができます。

高校生の高校生による高校生のためのビジネスコンテスト!

高校に在学中の方であれば、誰でもエントリー可能です。
優勝者には、小室 匡史氏 による90分間のコンサルティングもしくは講演の権利が与えられます。

TORYUMONは、新たな未来をつくりだそうとするU25世代の夢や情熱が集まる場。
一歩先を進む起業家たちから刺激を受け、みずから起業したり、スタートアップに飛び込んでみたり、自分の可能性を最大限に広げることができるはずです。

次の時代をひらく、若き才能こそスタートアップへ。

九州初開催!九州次世代イノベータによる事業アイデアピッチ「KYUSHU BOOST Day」

GIFTechは、エンジニアの創造性を刺激し、モノ創りの喜びを再発見するためのプロジェクトです。

アカデミーや次世代型ハッカソンを通じて、仲間と共にプロダクトやサービスをゼロから開発するアイディアや技術を深掘りし、これらの体験から「テクノロジーとモノ創りを楽しむ才能」を伸ばす事を目指しています。

Global Enterprise Challenge (GEC)は、青少年のイノベーションへの興味を喚起するために、高校生(高専生1-3年生含む)を対象に実施している国際競技です。

本競技は、2001年に英国スコットランドの行政機関であるCareers ScotlandがNASA(米航空宇宙局)やWIPO (世界知的所有権機関)の支援を受けて試験的に始めて以来、参加国が連携して継続してきました。

「こんな学習参考書があったらいいな」「こんな学習アプリがほしいな」と考えたことはある方は必見!

旺文社がこれまで3回にわたって、募集してきた「未来の学参」企画の第4回目です。これまでの開催では、素晴らしいアイデアが多く集まり、受賞作品の中から新たな学習参考書を生まれてきました。学習参考書の未来、学習アプリの未来を創造する素晴らしい企画(アイデア)を提案してみましょう。

大賞に選ばれると、なんと50万円の賞金を手にすることができます。

関西経済の持続的な発展のために、新たなビジネスを創出する「イノベーション人材」の育成に取り組み、関西の大学等の教育機関、行政機関、及び産業界等との新たな連携により次世代のアントレプレナーを育成を目的としたピッチコンテストです。イノベーション教育に取り組む関西の大学間ネットワークの強化と人材交流の活発化にも取り組んでいます。

日本国内外で宇宙産業が大きく成長することが見込まれる中、美しい星空を活用した地域振興に取り組む「星取県」こと鳥取県は、地域の将来を支える産業の一つとして、「鳥取県から宇宙産業を創出する」という取組を進めています。

この一環として、鳥取県内で宇宙関連のビジネスにチャレンジする事業者・起業家を増やすため、ビジネスプランコンテストを実施しています。鳥取県内で宇宙関連ビジネスを実施することに意欲を持つ県内外の皆様はぜひ応募してみてください。

STAPSは全国の学生が、無料で起業を体験するプログラムです。

約1.5 か月の期間で事業開発や仮説検証の講座、メンタリング、先輩起業家講演、ピッチコンテストなどを実施します。東海圏を中心に全国から起業家の卵が集まるこの機会に、あなたも参加しませんか?

TOKYO IDEATION JAMのピッチイベント
「人を魅了する」ことを探求し実践する一夜へ。

アイデアを伝え、人を動かすプレゼン/ピッチの達人から極意を学び、これまでのイベント参加者が残してくれた150を超えるアイデアを自由に使い「ピッチ創作」のワークショップを実施。

会場に集う同世代とのセッションを通して、「人を魅了する」価値と術を持ち帰ろう!

「地方からスターを」というコンセプトのもと、日本から世界を代表するスタートアップを輩出するべく、学生が起業しやすい環境の創出を目的として開催されています。

最高で、出資もしくは起業資金として1,000万円が贈呈されるなど、非常にインパクトの大きな大会となっています。

ビジネスプラン不要、経験・年齢不問。

CEO オーディションの理念は、全ての人が社長になれる可能性を引き出すことです。そのため、従来のビジネスコンテストで重視されるビジネスプランは不要、経験・年齢も不問です、誰に対しても門戸が開かれているという点が最大の特徴です。唯一問うのは、社長として自らの道を切り拓いていくことへの情熱と、何があっても諦めないという意志です。

今回で第10回目を迎えるコンテスト。
「あったらいいのに、こんな保険やサービス!」と思う保険やサービスに関するご提案を募集しています。誰でも何点でも応募することができ、もちろん高校生もその対象に含まれます。

SBI生命大賞(1名)はギフト券 50,000円、あったらいいな賞(1名)はギフト券 20,000円、スビィ賞(3名)はギフト券 5,000円が授与されます。

国際的な起業家コンテストに、日本語・英語で挑戦する学生・社会人を広く募集!

SDGs達成につながる新たな事業のアイディアやビジネス企画を立案、幼保・小中高・大学生から社会人まで年齢・国籍等の制限なく誰でも、親子・学校・クラブ・ゼミ・サークル・会社などチーム単位で参加いただける国際的なビジネスコンテストです。

財団では、2013年から様々な社会的課題を「ゲームの面白さや手法を使って、みんなでゲームを楽しみながら協力して解決していけるような、新しいゲーム=【夢のゲーム】」のアイディアを募集してきました。実装のことを気にせず自由な発想でアイディアを考えてもらうことが趣旨で、これまですばらしいアイディアがたくさん寄せられており、中には実装まで試みたアイディアの応募もありました。

そこで、11回目を迎える今回から、従来の実装を気にしないアイディアのみの募集に加えて実装版【夢のゲーム】も合わせて募集することにしました。皆様からのご応募、お待ちしております。
(本イベントは文科省の科学技術週間関連イベントです)

「食」と「農」と「くらし」にかかわる、起業家育成プログラム
JAグループのアセットやノウハウを活用して、第一次産業の未来を作ろう

GROW & BLOOMはJAグループ全国8団体が立ち上げたイノベーションラボであるAgVenture Labが、起業を目指す学生や社会人、起業して間もない会社を支援するインキュベーションプログラムです。
プログラムではビジネス経験豊富な講師による講義やメンターによるサポート、ユーザーへのインタビューや実証実験を通じて、あなたのビジネスアイデアを事業化させることを目指します。

プログラムを通じて、アイデアレベルの段階から成長(GROW)し起業という花を咲かせる(BLOOM)ことができるように、ビジネスアイデアの事業化・会社設立・資金調達までをトータルサポートし、新たな起業家を育成することを目的としています。

大学生・大学院生・ポストドクター・中学生・高校生を対象に、優れた技術やビジネスシーズ、アイデアを元とした起業プランを募集します

Tongaliビジネスプランコンテストは学生発ベンチャーの創出と起業家育成を目的としたコンテストです。
審査はベンチャーキャピタルや起業経験者、アカデミア等が行い、受賞チームには最優秀賞100万円を含む総額280万円の活動支援金および事業化支援プログラムを提供します。2025年2月または3月(日程調整中)には、ベンチャーキャピタルや事業会社等に向けてブラッシュアップしたビジネスプランの発表を行う『DemoDay』を開催し、事業化への着実な歩みをサポートします。

なお、本コンテストは令和6年度起業家甲子園東海地区予選を兼ねています。
たくさんのご応募をお待ちしております。

これまで人の目に触れてこなかったもの、あるいは注目されてこなかったもの。そんな存在を見えるようにする「しるし」とは なんでしょうか。今回のテーマは「可視化するしるし」です。たとえば、記録されないような日々のこと、ささいな変化、誰も気に留めないような瞬間に着目し「しるしかもしれない」と呼べるものを探ってください。
見えなかったもの、あるいは見ようとさえ しなかったものは、日常にもまだまだあるはずです。

「フェーズフリーって、どういう考え方?」
「どんなプロダクトが、フェーズフリー性が高いといえるの?」
「サービスや施設(ファシリティ)をフェーズフリーにするって、どういうこと?」
そんな疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

フェーズフリーとは、身のまわりにあるモノやサービスを、日常時はもちろん、非常時にも役立つようにデザインしようという考え方であり、高校生の目線でアイデアを考え、応募することができます。

英語と日本語で参加できる中学生・高校生向けオンライン・ビジネスプランコンテストです。
応募者全員に 50 分間のオンライン個別アドバイスがあるため、参加するだけでも多くの実りを得ることができます。

「高校生みんなの夢AWARD5全国大会」は、未来を担う高校生が社会問題の解決と自らの夢を重ね、実現する為のビジネスアイデアを策定するコンテストです。

高校生に「自己の在り方や生き方」と「社会との関わり」を考えるキッカケを提供し、“夢”を持ってもらうことを目的としています。

KUBICのキャッチ・フレーズは「学生の力」。全国の大学生や高校生の皆さんから様々なベンチャービジネスプランを募集しています。若い学生の力を存分に発揮していただくコンペティションです。

また、KUBICの企画運営は、協賛・後援団体、関西大学および商学部の教員・事務スタッフの温かいご支援を得ながら、関西大学商学部の学生が主体となって行なっています。つまりKUBICは、応募者においても運営においても、学生が主役のイベントです。

大学キャンパスと若い日本人の学生

あなたの夢中になれる“何か”で、地球の危機を救うアイデアを

「Life」は「生命」と「生活」2つの意味をもちます。
私たち命あるものが暮らす地球は今、気候変動をはじめ危機的な状況を迎えています。
あなたが夢中になれる何か=〈〇〇〉は、この危機を乗り越えることにつながるかもしれません。
ファッション、モビリティ、食、ゲーム、スポーツ、経済、選挙、虫…
あなたの〈〇〇〉から、この星の「Life」をよりよいものへ変えていく、地球の未来につながるアイデアを募集します。

選ばれたアイデアは、実現に向けトヨタ・モビリティ基金と東京大学の最先端の研究者たちが研究面と資金面でサポートし、ブラッシュアップ期間を経て大学の研究室に参加し社会実装へ向かうフェーズに入ります。
このプログラムのコミュニティで共に触発し合うことで、あなたのアイデアを具体的なプロジェクトへと磨きあげてみませんか。

ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士にご支援頂いているソーシャル・ビジネス・デザイン・コンテストである「YYコンテスト」が、12回目となる今年もオンラインでの開催が決定しました。

結のビジネスプランコンテストは、大野市の地域資源の活用や結の精神を生かした連携など、大野ならではの新しい試みです。
この試みによるビジネスやイノベーションの創出・発展を通じて、市内事業者の稼ぐ力と企業価値の向上を図ることが目的であり、アイデアを出すだけなら高校生でも参加可能です!

私たちは、日本の医療をよりよいものとするためには、次世代を担う学生の皆さんの力が、必要不可欠であると信じています。医療、そしてそれらを支える医療機器の開発など、私たちの健康的な生活に関わる分野について、学生の皆さんに少しでも興味・関心を抱いていただくために、この「創生アイデアコンテスト」に取り組んでいます。安心して生活できる未来の実現のために、皆さんの知恵をぜひお貸しください!

2024高校生が考える「空き不動産活用コンテスト」では「人の交流」をテーマに、空き地・空き家・空き店舗などの活用提案を募集しています。

対象はあなたの街の使われていない不動産。それらを活用して人の交流を作り出し、あなたの街を元気にする提案をしてください!

美濃焼のまち、タイルのまち、暑さに負けないまちとして知られる多治見市。
さまざまな地域問題が叫ばれる昨今、多治見市も例外ではありません。

そんな中、多治見のまちなかを活性化し、市全体がもっと元気になることを目指して、出店や創業へのチャレンジを募集しようと2018年からスタートし、今年で第7回目を迎えるビジネスコンテスト。それが、「タジコン」です。

毎年多くの応募者がチャレンジし、夢を叶えています。

年4回開催し、年齢・活動拠点・国籍など制限のないオープンなオーディションです。

優れたビジネスプランやビジネスアイデアには、販路拡大・資金調達の支援やベンチャーキャピタリスト・ビジネスパートナーとの出会いの場の提供などビジネスプランやビジネスアイデアを実現するためのサポートを行ないます。

審査時のみならず、受賞後も起業家の成長に向けて徹底的に応援します!

PEP 学生政策起業コンテストは、政策起業プロジェクトに取り組んでいる全国の高校生~大学 1、2 年生向けの活動発表の場です。

受賞者には、賞金に加えて翌年 1 月に開催される PEP サミットでのプレゼンテーションの機会を提供します。
たくさんのご応募をお待ちしています!

年4回開催し、年齢・活動拠点・国籍など制限のないオープンなオーディションです。

優れたビジネスプランやビジネスアイデアには、販路拡大・資金調達の支援やベンチャーキャピタリスト・ビジネスパートナーとの出会いの場の提供などビジネスプランやビジネスアイデアを実現するためのサポートを行ないます。

審査時のみならず、受賞後も起業家の成長に向けて徹底的に応援します!

いかがでしたでしょうか?

ビジネスコンテスト/ビジコンは、参加のためにさまざまなことを考え、時間をかけて取り組んでいく必要があります。しかし、その過程で得られる学びは大きいため、「自分にはまだ早いかも・・・」とお考えの方も、ぜひぜひ積極的にチャレンジしてみてください!

なお、他にも参加できるビジネスコンテスト/ビジコンがないか調べたい場合は、国内最大級のビジネスコンテストデータベース「ビジコンDB」で、お気に入りのコンテストを見つけてみてください!

【対象者別 参加できるコンテストまとめ】

中学生が参加できるビジネスコンテスト/ビジコン一覧(2024年)

大学生が参加できるビジネスコンテスト/ビジコン一覧(2024年)

スタートアップや社会人が参加できるビジネスコンテスト/ビジコン一覧(2024年)